身体の使い方・姿勢について

【Clever Body Training的】重りを持ってトレーニングする理由②〜歪に増える負荷〜

重りを持ってトレーニングする理由について、2つほど以前の記事でお伝えしました。

今回は、さらにもう一つ理由をお伝えします。

それは、「歪な負荷に対する対応力を養うため」です。s

どういうことかというと、重りを持つということは本来の身体にはない形で体重が増えた状態であるといえます(フリーウェイトトレーニングの場合)。

普段は、ほぼ自重での動作が日常生活の生活の中心です。

なので、ほぼ自分の体型、体重に対しての骨の積み木の積み方を認識していれば問題ありません。

体重が変わったとしても、通常はバランス良く増えるし、体重は普段付き合っているものなので、対応時間が長く、いずれ慣れます。

ただ、買い物で買った荷物を手で提げていたりすると、手に下げている側の体重が歪に増えることになります。

手の先なんて、身体の構造からいえば、本来軽くなければなりません。

その本来軽くあるべき部分が偏って重くなるということは、とても歪です。

とは言っても、荷物を持つなんてことは、日常良くあることであるわけです。

それが短時間だったりするので、適当に支えやすいように持ってしまい、知らず知らずに身体の一部に負担を集中させている場合があります。

そう言った、歪な負荷をかける最たるものが、ウェイトトレーニングです。

ウェイトトレーニングは、場合によっては自らの体重以上のものを背負ったりするわけです。

これほど対応力が磨かれる場面もないでしょう。

では、どういった対応をすべきなのかというと、これはもちろん、骨の積み木が積まれているかどうかです。

そして、負荷がその積み木の一部になっているかどうかです。

積み木の一部になっているかどうかは、積み木の底部分の感覚によって判断していきます。

例えば、バックスクワットについて考えてみます。

バーベルのみを担いだスクワットと、プレートをつけて100キロの重さにしたバーベルを担いだスクワットでは、上半身の傾き具合は同じになるでしょうか?

同じだと思っているならば、もしかしたら腰に負担をかけている可能性があります。

スクワットでは上半身を傾けることでバーベルの重さを分散します。

もちろん、傾きが一定であることが理想であることは間違いないですが、負荷が重くなってくると、どうしても胸を前方に押す力(図の力A)が強くなり、上半身が前傾しやすくなります。

それでもなおバーベルを支えようとすれば、力Aに対抗するための力を発生させるか、上半身を少し起こし、力の分解させる割合を変え、力Aの割合を減らすしかありません。

もちろん、力Aに対抗する力を発生させるには限度があるので、重くなればなるほど、力の分解させる割合を変える必要が出てきます。

もし、限度を超えて同じ傾きを保とうとした場合、使われやすい腰の筋肉に負担が集中して、腰を炒める原因になってしまいます。

このように、負荷の重さや位置によって、骨の積み木、いや、骨と負荷となるものの積み木の積まれ方は変化するのです。

その変化に対応するための練習をするのが、重りを持ったトレーニングです。

負荷に対する対応力を身につけることができれば、日常生活においても負担を減らす姿勢や身体の使い方ができるようになります。

逆の視点から見れば、日常生活には、身体の使い方のヒントがたくさん転がっているので、日常生活での身体の使い方をトレーニングに応用することができます。

だからこそ、僕は「日常生活もトレーニングの一部である」とお客さんにお伝えしています。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す