free web hit counter
コラム

なぜ重力が発生するのか?~いまだ解明されない謎~

僕が、姿勢と重力との関わりを理論的に考えるようになってから、ずっと考え続けていることがあります。

それは、「なぜ重力が発生するのか?」ということです。

正直、重力の発生についてわからなくても、姿勢を考えるにおいては、「重力が存在している」という事実があれば、十分です。

なので、わざわざ考えなくてもいいのですが、ついつい、ふとしたときに頭をよぎってしまうのです。

今回は、なぜ重力が発生するのかについて、僕なりの、考えを書いていきたいと思います。

僕も学者ではないので、素粒子がうんぬんみたいな詳しい話は期待しないでください。

ぼんやりと理解というか考えている範囲で書きます。

まず、その前提として、関連する言葉の定義を確認したいと思います。

そもそも、重力とは何かと言えば、地球の引力と自転の遠心力を合わせたもののことをいいます。

そして、引力とは、すべての質量を持つ物体に生じている互いに引っ張り合う力のことをいいます。

地球はもちろん、僕たち人間も引力は発生させているのです。

引力と重力はごっちゃにして使われがちですが、地球の自転の遠心力が考慮されているかどうかの違いがあるのです。

なので、重力がなぜ発生するかという問題は、正確にはなぜ引力が生じるのかという問題なのです。

引力がすべての質量を持つ物体に生じているとする考え方を万有引力の法則といいます。

ちなみに、質量とは物体のもつ物質の量のことで、「物体の動かしくさ」の程度を量として表現しています。

同じ質量の物質でも、地球と月では重さが違います。

質量をどれだけの強さの重力が引き寄せるかで、重さが決まってきます。

重さと質量もごっちゃに理解しやすいところなので、整理しておきたいところです。

さて、用語の整理もできたところで、いよいよ本題に入っていきたいと思います。

重力がなぜ発生するかについて、僕もいろいろ調べた時期があります。

そこから僕が理解したことは、どうやら、なぜ重力(引力)が発生するかについては、大きく2つの考え方に分かれていることです。

1つは、引力を発生させる何か(目に見えない物質?)があって、その影響で物体に引力が生じているとする考え方(ここでは勝手に、能動的発生説)。

もう1つは、物体の存在が空間の歪みを生じさせ、その歪みが常に解消されようとすることで発生する力が引力だとする考え方(ここでは勝手に、受動的発生説と名付けます。)です。

つまり、引力は、副次的(ついでに)に発生した力であると考えるのです。

どちらの考え方も甲乙つけがたいのですが、個人的には、受動的発生説を支持したいです。

能動的発生説の場合、なにかが引力を発生させると考えますが、その引力を発生させるエネルギーはどこからもたらされるのかが疑問です。

まあ電子のように引き合ったり引き離す性質があると考えるならば、それまでかもしれませんが。

実は、能動的発生説にはもうひとつ疑問があって、引力が発生する何かがあるとするなら、それは、すべての物質に広く分布しているはずで、そうなってくると、大げさな例えになりますが、人間の身体の細胞、原子、さらに細かい物質がそれぞれが引力を発生させる何かを持っていることになるので、すべての物質が今の形を保っていられなくなるような気がするのです。

以上を考えるならば、まだ受動的発生説のほうが腑に落ちやすいように思います。

腑に落ちやすいだけで、強く推せるだけの根拠は思い当たりません。

受動的発生説は、空間の歪みの解消が引力の発生原因と考えます。

ちょっとわかりにくいかもしれないので、例を挙げてみるなら、満杯になったお風呂につかろうとすると、お湯があふれることは理解できると思います。

そのあふれたお湯が、人が湯舟につかっているにも関わらず元に戻ろうとするのが、引力だと考えているのです。

しかし、当然、人が湯舟につかっているので、お湯は元に戻れません。

だからこそ、引力は常に発生し続けていると考えられます。

このお風呂のお湯のイメージが、僕が理解した受動的発生説の理解です。

そして、この考え方であれば、宇宙が膨張し続けていることも説明しやすいのかなとも思います。

またお風呂で例えますが、前述で、人が風呂につかってあふれたお湯は、元に戻れないということをお伝えしました。

この「元に戻れない状態」というのは、「お湯があふれ続ける」ということです。

空間に話を戻すと、空間に物質が発生すれば、その物質分空間が押し出され、その押し出された分の空間が宇宙を広げ、結果的に宇宙を膨張させていると考えやすいのかなと思います。

これに対しても、物質がどのように発生するのかなんて謎が残るかもしれませんが。

以上を見ると、現在わかっている状況を説明しやすい受動的発生説のほうが学問的にも優勢じゃないのかなと思います。

積極的発生説では、宇宙の膨張を別のところから説明しないといけませんからね。

なぜ重力(引力)が発生するのか?についての僕の理解は以上です。

姿勢においては、冒頭に書いたとおり、こんなことまで考える必要はありません。

しかし、姿勢自体や、身体、トレーニングについてはまだまだ考えることがあるはずです。

トレーニングの良し悪しを、「調子の良し悪し」で片づけていませんか?

実は、調子の良いときにはしていて、調子の悪いときにはしていなかった身体の使い方があるかもしれないのです。

つまり、調子ではなく、物理的に別の要素があるかもしれないのですね。

僕のセッションでは、運動やトレーニングをお伝えし、実践してもらうときに、うまくできた場合も、うまくできなかった場合も、それぞれ、なぜうまくできたか、なぜうまくできなかったかについてまでできるだけお伝えするようにしています。

そのように理解することが、身体の使い方の再現性(何度も同じことができること)を高めてくれるからです。

トレーニングの世界に限らずかもしれませんが、「○○したら××になる」ということはお伝えしても、なぜそうなるかという理由についての「理解」は軽視されがちです。

確かに、小難しいことを理解するのは面倒くさいし、最初は面白くないかもしれません。

でも、この因果関係を理解してもらうことこそが、本当にパーソナルセッションを受講してくれる人にためになるし、パーソナルセッションを高いお金を払って受講してもらう価値になると考えます。

少しでも多くの人が、このブログを読んで実践し、理解することに価値を見出してもらえるようになればうれしいです。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

 

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

 

僕自身、身体を痛めなくなった、トレーニングで重いものを持てるようになった、体重も落ちて引き締まったという身体面はもちろんのこと、物事の考え方、習慣の大切さ、気遣いの細やかさ、性格までも好転するようになりました。

 

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

 

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

 

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

姿勢が良くなればすべては改善します

そして、姿勢は理解するだけで良くなります。

 

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す