スクワットのバーベルを乗せる位置について考えていますか?

単純に乗せやすいところに乗せればいいわけではありません。

乗せやすいところで乗せようとしてしまうと、肩周りの柔軟性次第で乗せる位置が変わってしまうからです。

物理的に楽に動作できるバーベルを乗せる位置というのは存在します。

そこで、今回はスクワットにおけるバーベルを乗せる位置についてお伝えします。

大雑把にいえば、バーベルがかかとの上にくるようにします。

なぜなら、スクワット時に地面に身体が設置している部分は、唯一足裏ですし、その足裏の中でも、もう少し上を見れば、スネの骨は踵にのっているからです。

ただ、自分の姿を鏡に映しながら、その位置を探るのは困難です。

たとえ、鏡に映すために、わざと軽めの負荷をもって見ながら調整してみることができても、あまりおすすめすることはできません。

なぜなら、重い負荷を持った場合、その重みで上半身の傾き具合が変化し、負荷が軽い場合の位置に合わせてしまうと、身体バランスの関係が変わっていてうまくいかない場合もあるからです。

バーベルの位置と上体の前傾具合との関係性は、上体を倒せば倒すほどバーベルをより下の臀部方面の位置に、上体が起きれば起きるほどバーベルを上の肩や首元方向に位置すべきという関係性はあります。

ただ、バーベルを支える上で重要なのは、身体の骨の積み木に対して、バーベルの重さが適切に乗っているか、積まれているかどうかが重要なのです。

この積まれているかどうかを考えているためには、どのような状態になれば、積まれているといえるのか、姿勢についての問題になります。

以下の記事を参考にしてください。

読んでもらえると分かりますが、骨の積み木が適切に積まれているかどうかは、足裏にどれだけ圧力がかかっているか、足裏が重く感じるかどうかで判断することができます。

そして、バーベルを担ぐということは、自分の体重にバーベルの負荷分の重さが足されることになるので、バーベルを担いだ上で、足裏がもっとも重く感じる状態になっていれば、バーベルが身体に適切に積まれているということができます。

その位置が、おおよそ踵の上あたりになるのです。

足裏の感覚がわかれば、視覚に頼ることなく、たとえバーベルの重さによって上体の傾きが変化しても、適切なバーベルの位置をとらえることができます。

そして、スクワットの動作中、常に足裏が重たい感覚のまま動作できれば、身体に危険のある負担がかかる可能性を減らすことができます。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket