あなたはベンチプレスをどういったトレーニングととらえていますか?

ベンチプレスの見た目上は、バーベルを挙げている様子にしか見えないので、バーベルを挙げるトレーニングと答える人が大半になると思います。

もちろん、それも間違ってはいません。ただ、その認識でベンチプレスをやっていると、挙上重量は上がっていかないでしょうし、肩を痛めたりする可能性も高まってしまいます。

バーベルを挙げようとするあまり、肩を前に出してしまうからですね。

肩が前に出てしまうと、せっかくベンチについていた肩がベンチから離れてしまい、支えがなくなってしまうので、自らの筋力のみで支えなくてはならなくなってしまいます。

では、どのようにベンチプレスをとらえればいいのでしょうか?

ヒントは、名前に現れています。

そう、ベンチプレスは、文字通り「ベンチをプレスする(押す)」トレーニングなのです。

ベンチを押そうとすれば、自然と肩はベンチにつきますし、肩がベンチにつくことで、バーベルの重量はベンチに乗り、筋力はバーベルを押すために最大限発揮されるようになります。

チェストプレスで自分の体重くらい押せるけど、腕立て伏せになるとできないなんて経験はありませんか?

それは、腕立て伏せは支えになってくれる壁はなく、自分の身体で支えなければならないのに対し、チェストプレスでは背もたれが支えになって重量を受けてくれるからです。

これをベンチプレスに置き換えると、ベンチを押すことで、ベンチが支えになってくれ、物理法則である作用反作用の法則の通り、ベンチを押した力と同じ力がバーベルを押し上げる方向に返ってきます。この力をバーベルを押す力に利用するのです。

下の画像では赤矢印が作用、青矢印が反作用です。

なので、ベンチプレスはどれだけベンチを押せるかが鍵なのです。

ベンチプレスをする際に肩甲骨を寄せる、床を踏ん張るといった動作は、すべて、「ベンチを押すため」になされています。

ベンチプレスのときは、自分の身体をベンチとバーベルを離すつっかえ棒になるようなイメージで行うといいでしょう。

これを読んで「はっ」とした方は、次回はベンチを押すことに集中してみてください。最大挙上重量が10kgくらい上がるかもしれませんよ。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket