上腕三頭筋

上腕三頭筋(Triceps brachii)

起始

・長頭(long head):肩甲骨の関節下結節
・内側頭(lateral head):橈骨神経溝よりも遠位の上腕骨後面、および内側上腕筋間中隔
・外側頭(medial head):橈骨神経溝よりも近位の上腕骨後面、および外側上腕筋間中隔

停止

尺骨の肘頭

作用

・肘関節に対して:伸展
・肩関節に対して:上腕の後方挙上と内転(長頭)

神経支配

橈骨神経(C6~C8)

コメント

肘屈曲の筋肉である、上腕二頭筋、上腕筋を合体させた、膝伸展バージョンのような筋肉です。ただし、こちらは三頭のうち二頭は上腕骨に付着しているのに対し、屈曲側は、肩甲骨に対して二頭付着しています。

スポーツやトレーニングしていないと、使われにくい筋肉なので、弱化しやすいです。ただ、背中の筋肉が弱いのに、いい姿勢を保とうとして、硬くなったり、痛めたりすることもあるようです。

ただし、肩周りの筋肉が固いのに無理に肩甲骨を寄せようとすると、肩甲骨が寄る代わりに、肩甲骨に腕を近づけるという役割をこの筋肉がしてしまったりします。

長頭が肩甲骨に付着しているので、肩甲骨を寄せることで、肩の伸展(腕を身体よりも後ろに引く動き)がしやすくなります。
パソコン作業のように机に向かって作業しているときに、肘を外側に開くような癖があると、外側頭が固くなりやすいです。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。