倒立(ハンドスタンド)

倒立時に身体をできるだけまっすぐに保つための頭を下ろすべき位置と目線

倒立時は、重力との関係からいうと、手に体重を乗せているところから、足先までが上下でまっすぐ揃っている状態が一番安定します。なので、頭の位置もその揃った身体のラインの中にあるほうが安定します。

そうなると、目線としては、立位と同じく正面、つまり、倒立時には後方を向くのがいいような気もします。

ところが、目線を床から離してしまうと、とたんに安定しづらくなってしまいます。

おそらく、立位の頭が体幹に置かれている状態と違って、頭が体幹から吊り下げられる状態にあるので、床を見るくらいの頭の状態が、いちばん力みなく頭を吊り下げられている状態だからだと思われます。また、視覚によってバランスを感知するため、床をみていないとそれができなくなってしまうからでしょう。

なので、目線は手をついている床に向けているのがいいでしょう。

さらに、床に向ける目線でも、その細かい向きによって倒立のしやすさが全然変わってきます。目線次第で、頭の位置のみならず、胴体の向きまで変わってしまうからです。

よくあるのが、床についた両手よりも前方を見てしまう状態です。これでは、あごがあがり、頭の位置が前方に移り、胴体が後方に向いてしまうので、手の上に体重を乗せるのが困難になります。手から足先までのラインが保てなくなるんですね。

そこで、両手にそれぞれ体重を乗せている部分の間(両手の母指球の間)を見るようにして見てください。そこは、足先のちょうど真下にあたる位置になります。

ここを見ると、手から足先までのラインを保ちやすくなります。

倒立の練習していた人がいたのですが、胴体が手の上に乗りきらず、いつも手をついてジャンプしているようになってしまっていました。

その人に上記の目線の話をすると、それだけで、手の上に胴体がのり、数秒ながら倒立状態をつくれるようになりました。

倒立がもう少しでできそうという人は、ぜひ目線を気にしてやってみてください。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

コメントを残す