身体について

前腕の橈側の筋~伸筋と屈筋の境目がある~

前腕の橈側というのは、前腕の骨には橈骨と尺骨があるのですが、その橈骨の側っていう意味です。

「橈側もあるなら、尺側もあるの?」と思われると思いますが、もちろんあります。

名前に「尺側」とつく筋肉もありますし。

 

ただ、ページとしては尺側としてまとめてはいません。

屈筋群と伸筋群それぞれに尺側という名前が「尺側」という名前が入った筋肉があるし、屈筋群の浅層は尺骨を覆っているような付着の筋肉が多いです。

 

前腕の橈側部の筋には、

腕橈骨筋(Brachioradialis)

長橈側手根伸筋(Extensor carpi radialis longus)

短橈側手根伸筋(Extensor carpi radialis blevis)

があります。

 

以下、それぞれの筋肉について説明していきます。

 

 

腕橈骨筋(Brachio-radialis)

起始

上腕骨の遠位部(前外側面)、外側上腕筋間中隔

停止

橈骨の茎状突起

作用

・肘関節に対して:屈曲
・前腕の関節に対して:半回内(回外位から回内、回内位から回外、いずれも中間位に戻す)

神経支配

橈骨神経(C5、C6)

コメント

名前の通り、上腕骨と橈骨を繋いでいます。

ビールジョッキを口元に運ぶ動きに使われる(前腕回内外中間位)筋肉です。

荷物を胸に抱えて運ぶときなどもこの筋肉は大活躍しますね。

 

回内回外中間位に戻すという作用から考えて、手関節や手の屈筋と伸筋の分割線的な位置にあることになりますね。

上腕筋のところで紹介したハンマーカールでは、肘を曲げ、回内回外中間位に戻す作用のある腕橈骨筋もしっかり活用することになります。



長橈側手根伸筋(Extensor carpi radialis longus)

起始

上腕骨の遠位外側面(外側顆上稜)、外側上腕筋間中隔

停止

第2中手骨の底背側面

作用

・肘関節に対して:弱い屈曲作用
・手根部の関節に対して:背側への伸展、手の外転(撓屈)

神経支配

橈骨神経(C6、C7)

コメント

腕橈骨筋と並ぶように起始があります。

境界線からちょっと伸筋側に入ってきますね。

なので作用としては手首の伸展があります。

手首を伸展させて固定することで、拳を握る補助をする役割があります。

短橈側手根伸筋(Extensor carpi radialis blevis)

起始

上腕骨の外側上顆

停止

第3中手骨の底(時に第2中手骨の底)

作用

・肘関節に対して:弱い屈曲作用
・手根部の関節に対して:背屈、橈屈

神経支配

橈骨神経(C7~C8)

コメント

付着が長橈側手根伸筋と並ぶような形になります。

なので、作用もほぼ同じです。

手首を伸展させて固定することで、拳を握る補助をする役割があるのも同じです。

 

この拳を握る補助の役割を実感するには、思いっきり拳を握ってみてください。

すると、もっとも握りやすいときには、通常よりもわずかに手首が伸展する位置にあるのがわかるはずです。

 

短橈側手根伸筋の腱は、いわゆる「テニス肘」とも呼ばれる外側上顆炎でもっとも炎症が生じやすい腱であるとされています。

テニス肘と呼ばれているのは、テニスでラケットを握らなければならないので、外側上顆から起始する筋肉を酷使しがちだからです。

さきほどお伝えした拳を握る補助の役割によって酷使してしまうことが外側上顆炎の大きな原因なので、テニスに限ったことではなく、握ることが多い人は炎症を引き起こしやすいです。

重い鍋をふるう、包丁を握る料理人や、前腕の筋を酷使することが多い大工や自動車工、配管工といった技術者も、外側上顆炎を生じさせやすいです。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す