前鋸筋(Serratus anterior)

起始

第1~9肋骨

停止

・上部:肩甲骨上角
・中部:肩甲骨内側縁
・下部:肩甲骨下角および内側縁

作用

・前鋸筋全体:肩甲骨を前外方に引く、上肢帯が固定されていれば肋骨の挙上(吸気の補助)。
・下部:肩甲骨を回転させ、その下角を前外側に引く(関節窩を上方に回転させる)
・上部:挙上した上腕を下げる(下部筋束に対して拮抗)。

神経支配

長胸神経(C5~C7)

コメント

肩甲骨の外転、上方回旋に関与しています。この筋肉が弱いと、肩甲骨内側縁が胸郭から離れ、背中から飛び出してしまう「翼状肩甲骨」という状態になってしまいます。大胸筋と協調して働きやすいです。

肩甲骨が他の筋肉などの影響で安定しているときは、肩甲骨と体幹(肋骨)を強固に結び付けてくれます。

肩甲骨を肋骨に対して広範囲でつなぎとめてくれているので、腕の安定には欠かせない筋肉です。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket