身体の使い方・姿勢について

動と静~外に力を伝えるためには~

最近、世間では体幹や肩甲骨が重要と言われているが、「なぜ」重要なのかについては、わかりやすく説明されているのは多くないように感じます。

今回は、僕が考えるそれらの重要性を「動」と「静」という概念を用いて説明しようと思います。

概念といっても、僕が考えたというよりは、実際に起こっている現象を言い換えただけにすぎません。ただ、より分かりやすく感じてもらえると思い、ここで説明させてもらいます。ちなみに『身体の動きの原則』に、「動」「静」の本質について書いてます。

まず、「動」と「静」とは、文字通り、「動」が動くこと、「静」が静止すること、させておくことを意味します。そして、「力を伝えるためには、動の部分と静の部分が必要である」といえます。

動と静は、相対的な関係性です。たとえば、筋肉を動とするなら、骨が静である。人間を動とするなら、地球が静になる。地球が動とするなら、太陽が静になる。太陽が静になるなら宇宙が静になる。

動と静は、もともと中国古代の哲学思想である陰陽学説からヒントを得たものなので、地球の外の話はたぶんの話(専門外だし、自分には確かめようがないので)で、本当のところはわかりませんが、地球(物理法則があてはまる)の中でなら、この動と静の関係性はかならず存在します。

ちなみに、陰陽学説とは、簡単に説明するなら、世の中のすべてのものは、男と女、天と地、内と外などのように対立する属性に分類して認識することができるとする考え方です。

ここからは、動と静の関係性の具体的内容を説明していきます。これには、ニュートンの法則が大きくかかわってきます。

動と静を考えるにあたって、まず、身体が動く仕組みについて考えなければなりません。

簡単にいえば、骨という硬い組織が2つ以上並び、その両方を結ぶようにして筋肉が付着しており、この筋肉が縮むことによって骨を引っ張って動かし、すなわち身体が動きます。

絵心ないですが、簡単に図解すると下の図みたいな感じです。

そして、筋肉が骨を引っ張って、動かすためには、動かしたいほうの骨のもう一方の付着している骨が静止している必要があります(停止部を動かしたいなら、起始部を止める必要がある)。

では、なぜその必要性があるのでしょうか?

それがニュートンの法則の「作用・反作用の法則」で説明できます。

「作用・反作用の法則」とは、物体Aが物体Bに力を加えた(作用)とき、物体Bはその力と同じ大きさで反対方向に働く力を物体Aに与えているとする法則のことをいいます。

これを、筋肉と骨に当てはめて考えてみると、筋肉が骨を引っ張るとき、骨も引っ張られんとする逆向きの力を筋肉に対してあたえているということがいえます。

上記のように考えると、骨が動きそうにないんじゃないかと考える人もいると思います。

たとえば、筋肉のもう一方の付着部の骨(B)が完全に静止しているとしましょう。

筋肉には動かない「土台」があるのに、対し、引っ張られる骨(A)にはそのような土台がありません。よって、骨による反作用の力は、骨(B)の静止している力(筋肉からの作用からの反作用も含む)に勝てず、結果的に筋肉に引っ張られて動くことになります。

逆に、骨(A)が静止状態にあれば、骨(B)が動くことになります。

ここまで書くと、「完全に静止しない場合はどうなんねん?」という疑問がわいてくると思います。図で表すと下のような状態ですね。

実は、冒頭のほうでもお伝えしたとおり、動と静というのは、絶対的なものではなく、相対的なものなのです。簡単にいうと、骨(A)と骨(B)は、互いに筋肉を介して綱引きしており、そのパワーバランスにより、動きが決まります。

わかっていただけたでしょうか?言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、意外と整理されていない部分だと思います。

そして、この動と静の関係から何が言えるかというと、

①1つの筋肉の1つの作用から、外見上の動きは大きく2種類生まれるということ、②力を発揮するためには、必ず「静」の部分が必要であること、③「静」の力が強ければ強いほど、強い「動」の力が発揮できること、です。

また、身体の機能として、体幹が主に「静」を、自由度の高い肩関節、股関節の先についてる四肢、頭の部分が主に「動」の性質をもっています。

この記事の冒頭で書いた、肩甲骨や体幹が重要であるのは、力を生み出す源である「静」の部分をつかさどるからなのです。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は「姿勢」とは何か説明できないことに気づいてから、
ずっと「姿勢とは何か?」「本当に良い姿勢とは何か?」
考えてきました。

それは単に言葉の意味が説明できないというだけでなく、
それまでに教えられてきた「良い姿勢」というものに疑問を
持っていたからでもあります。

一般的にいわれている「良い姿勢」の判断基準としては、
「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」

とか

「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、
お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、
肩は壁についているか、頭は壁についているか」

みたいな基準によって評価されていることが多いです。

そして、僕もそう教わってきました。

しかし、見た目や壁を使った評価では、
「ふくらはぎの太さ」や「お尻の大きさ」
「背骨のカーブの具合」といった
個人の体格の差も評価に影響しやすいです。

また、評価するために他人(専門家)の目が必要だったり、
鏡や壁が必要といった場所の制限も受けてしまいます。

他にも、体勢が変わると評価できないという問題もあります。

このように、一般的な姿勢評価では、正確性や簡便さに問題があり、
場所の制約も受けてしまうのですね。

姿勢は365日24時間いろんな体勢において関わってくるものです。
なので、本質的に「良い姿勢」を保つならば、

常に自分の姿勢の状態を把握し、
姿勢の崩れに気づいた時に自ら改善していける
ことが必要なのです。

良い姿勢は本来無駄な力は抜けるので「楽」なものだし、
だからこそ心も「楽」になり、

そのような落ち着いた姿が美しく映るのです。

現代社会では、例えば腰の痛みで仕事に集中できないというように、
いろいろなストレスに耐えながら仕事をしているため、
自分本来の力を発揮できている人はほんのわずかです。

姿勢が良い人が増えて、

本来の力を発揮できる人が増えれば、仕事の生産性が向上して、
世界全体の経済も向上するし、肉体や精神を病む人も少なくなり、
医療費も削減できるようになると僕は本気で思います。

良い姿勢は誰でも目指せます。

たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人でも、
寝たきりの人でもです。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも
「筋肉をつけること」でもありません。

最も大事なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、
姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す