以前お客様から「歩く」に関する新聞記事を頂きました。

 

この記事を見て「どう思うか?」と聞かれたので、そのときそのお客様に答えた内容をまとめなおしてこの記事を書きます。

まず、この新聞記事を見ると、「普段の歩き方」と書いてあるので、運動のためのウォーキングではなく、日常生活における歩行について書かれているであろうということを前提として、今回この記事を書きます。

 

「歩く」に関しては、様々なところから「正しい歩き方」について情報発信がなされています。

 

そして、よくある表現として「蹴る」という言葉が使われます。

 

私としては、この「蹴る」という言葉は誤解を招きかねないといつも思います。

 

なぜなら、「歩く」という動作を突き詰めていくと、「地面を蹴る」必要はないからです。

 

「歩く」という動作の1番の特徴は、両足が地面から同時に離れることがない、ということです。

 

そして、「地面を蹴る」ということは、地面に対して体重以上の力を加えているということを意味します。

 

体重以上の力を加える必要があるのは、地面から身体を浮かす必要がある場合に限ります。

 

ジャンプしようとして床を踏み抜くことを想像してもらえればいいでしょう。

 

歩く場合は、必ずどちらかの足が地面に接しているので、身体を浮かす必要がないのです。

 

であるならば、歩く際に地面に体重以上の力を加える必要がないのです。

 

この違いは、「乗せる」と「押す」という違いです。

 

地球に重力がある以上、ただ立っているだけでも、体重分の力で、地面に力を加えていることになります。

 

この状態を「乗せる」といいます。

 

一方、ジャンプするときのように、地面から身体を浮かす際には、地面に対して体重以上の力を加えています。

 

この状態を「押す」といいます。

参考

 

歩く場合は、地面に体重を「乗せたまま」進みたい方向に進む力が生み出さればいいのです。

 

つまり、歩くのに地面を蹴る必要はないのです。

 

進行方向に進むための力を生み出すのはお尻の筋肉です。

 

地面を蹴るのはふくらはぎです。

 

もし、あなたが長い時間歩いたときに筋肉痛になるのはどちらでしょうか?

 

適切な感覚を知っていると、自分の身体の使い方に無駄な力が働いているのを知ることができます。

 

一度ぜひ試してください。

LINEで送る
Pocket