深層外旋六筋には、梨状筋(Piriformis)、大腿方形筋(Quadratus)、内閉鎖筋(Obturator internus)、外閉鎖筋(Obturator externus)、双子筋(上双子筋(Gemellus superior)、下双子筋(Gemellus inferior))がある。

梨状筋(Piriformis)

起始

仙骨の骨盤面

停止

大腿骨の大転子の先端

作用

股関節の外旋、外転、伸展、股関節を安定させる

神経支配

仙骨神経叢(L5~S2)からの直接の筋枝

コメント

深層外旋六筋の中で、梨状筋のみが坐骨神経を覆っており、過剰な収縮は坐骨神経に影響をあたえやすいです。人によっては、筋線維の中を坐骨神経が通ってしまう場合もあるみたいです。

大腿方形筋(Quadratus)

起始

坐骨結節の外側縁

停止

大腿骨の転子間稜

作用

股関節の外旋と内転

神経支配

仙骨神経叢(L5~S2)からの直接の筋枝

内閉鎖筋(Obturator internus)

起始

閉鎖膜と閉鎖孔外周の内側面

停止

大腿骨の転子窩

作用

股関節の外旋、内転、伸展(股関節の肢位によっては外転にも作用)

神経支配

仙骨神経叢(L5~S2)からの直接の筋枝

外閉鎖筋(Obturator externus)

起始

閉鎖膜と閉鎖孔外周の外側縁

停止

大腿骨の転子窩

作用

・股関節:内転、外旋
・矢状面ないにおける骨盤の安定

神経支配

閉鎖神経(L2~L4)

双子筋

起始

・上双子筋(Gemellus superior):坐骨棘
・下双子筋(Gemellus inferior):坐骨結節

停止

内閉鎖筋の停止腱と合体して転子窩(内側面、大転子)

作用

股関節の外旋、内転、伸展(股関節の肢位によっては外転にも作用)

神経支配

仙骨神経叢(L5~S2)からの直接の筋枝

深層外旋六筋についてのコメント

通常、立位での股関節の外側における安定は臀筋が担っています。深層外旋六筋は、そこから骨盤を前傾させる角度によって、それぞれが働き、股関節が安定するような構造・配置になっています。



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket