トレーニング総論

筋肉を肥大させたいなら負担を増大させる〜負荷の集中〜

Clever Body Trainingは「身体を楽に動かすこと」を目指しているので、もちろん必要な筋肉を強化する必要性が出てくることもありますが、筋肉を必要以上に大きくすることについてはあまり触れていません。

ただ、このサイトを見てくれた人の中で、もし筋肉を太くしたいという人がいるなら、このサイトに書かれていることの真逆のことをするといいでしょう。

つまり、骨の積み木による支持をできるだけ妨げて、負担が筋肉に集中するようにすればいいのです。

そして、慣性や筋肉の弾性力で動いてしまわないように、勢いをつけず、動作はゆっくりと行います。

僕も自分のYouTube動画作成のために、たまにトレーニングに限らずいろんな動画を見るようにしています。

その割に動画作成うまくなってないなーというのは、ほんとに刺さるので、言わないでください(笑)

ちなみに、面接とかも苦手です。。。

それはさておき、その見ている動画の中で、ボディビルダーや筋肉が太い人が発信している「どこどこの筋肉を太くする方法」のような動画を見ることがあります。

その動画を見てみると、筋肉への「負担の集中」に特化した方法なのです。

ただ、筋肉に負担を集中させるだけでなく、広背筋のような大きい筋肉の場合、この1つの筋肉の中でも、さらに部分的に負荷を集中させるようなやり方だったりします。

筋肉は、細胞レベルで見れば、小さいゴムがつなぎ合わさって集まったものなので、そのような部分的に負荷を集中させる方法も成り立ちます。

一般的には危険性を伴うので、間違ったやり方とされている場合もあります。

それでも、目的が筋肉に負荷をかけ太くすることが目的ならば、負担を局所に集中させることほど理にかなっていることはありません。

以前にスロートレーニングが流行ったのも、勢いによって筋肉にかかる負荷が少なくなることを防ぎ、自重や軽いダンベルといったものでも十分に筋肉に負荷をかけることができるからです。

筋肉をとにかく太くしたい人に覚えておいて欲しいのは、筋肉の収縮力が強いかどうかと、力が強いかどうかは別物です。

これはよくごっちゃにされやすいです。

このサイトでは、筋肉の収縮する力を「筋収縮力」あるいは「筋肉の力」、

筋肉の収縮に加え、骨の支持や慣性など物理的な力関係を踏まえて発揮される力を「筋力」あるいは単純に「力」

というように、言葉を分けています。

筋肉が太いからといって、重いものを動かせるかといったら、必ずしもそうならないのですね。

ボディビルダーの筋肉が、よく「使えない筋肉」と言われていたりすることがあります。

おそらくこれは、習慣として、トレーニングでとにかく筋収縮力を発揮させる、筋力の発揮としては非効率な動作を行い続けて、その動作が脳にシステム化されて、トレーニング以外でも、無意識でそのように動作してしまうからだと思います。

ボディビルダーの筋肉が使えないと言われるのは、見方を変えれば、凄まじい「プロ意識」の現れとも見ることができるのです。

もちろん、ボディビルダーの人でも、極端に負担を集中させる人ばかりではないですよ。

とにかく重いものを動かして筋肉を鍛えようとするビルダーの方もいます。

なんにせよ、筋肉をとにかく太くしたいという人にとって、「負担の集中」は重要な要素です。

ただし、気をつけなければならないのは、負担を集中させるということは、怪我の危険性が高まるということです。

負担を集中させるトレーニングでは、とてつもなく大きいビルダーの方も、拍子抜けするほど軽いダンベルなどの負荷でトレーニングしています(軽いといっても、その人にとってはという意味です。僕にとってはかなりの重量だったりします)。

くれぐれも怪我には気をつけてトレーニングしてくださいね。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す