縫工筋(Sartorius)

起始

上前腸骨棘

停止

脛骨粗面内側に鵞足(浅鵞足)となり付着(薄筋および半腱様筋の停止腱と合体)

作用

・股関節:屈曲、外転、外旋
・膝関節:屈曲、内旋

神経支配

大腿神経(L2~L4)

コメント

人の体の中で最も長い骨格筋といわれています。その長さから、動作に多々関与していそうです。股関節を大きく動かすための筋肉でしょうか。

ただ、膝関節を構成している大腿骨と脛骨の連結部分を見ると、大腿骨が膝関節に対して外側に傾きやすそうな(つまり、X脚になりやすそうな)形状になっており、縫工筋はそれを防ぐ役割の一端は少なからず担っていそうです。大腿前部の筋群を見ていると、大腿四頭筋で伸ばした膝を大腿前部をクロスしてしめつける、といった役割分担がイメージできます。

右膝関節正面からの図

縫工筋は、動と静、どちらにもかかわるオールマイティな筋肉といったところでしょうか。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket