身体の使い方・姿勢について

肩を動かそうとするから痛める~肩を痛める理由と予防~

肩を動かすと痛いということはよく聞きます。

普段あまり意識しないでしょうが、肩を動かすと痛いとなると、いろんな動作がしにくくなって不便です。

ただ肩を動かすと痛い場合、実は肩を動かそうするから痛いという身体の使い方の部分からきていることも多いのです。

なんだか哲学みたいな言い方になってしまってますが(笑)

今回はそれがどういうことかについてお伝えしていきます。

 

肩の動きは、主に、肩と肩甲骨により成り立っています。

肩から動かそうとすると、肩甲骨(背中にある蝶の羽のような骨)があまり動かず、肩関節ばかりに負担がかかり、肩を痛める原因になってしまう可能性があります。

肩甲骨を動かすためには、背中から動かすというイメージが必要です!もっというと、背中の筋肉で肩甲骨を下方にすべらせることにより、肩を上へ持ち上げてくる、クレーンをイメージしてもらうとわかりやすいとは思います。背中の感覚を得るのが難しいですが。

ただ、あまりに肩甲骨を使っていないと、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなってしまい、イメージ通りに動かしにくくなってしまっているかもしれません。

もうちょっと詳しくいうと、肩は、鎖骨と胸骨との間の胸鎖関節、鎖骨と肩甲骨との間の肩鎖関節、肩 甲骨と上腕骨の間にある肩甲上腕関節、さらに、正式な関節ではないですが、肩甲胸郭関節という4つの関節が相互に機能することによって動いています。

多くのひとが肩を動かすイメージは、肩甲上腕関節を動かすことではないでしょうか。だから、肩甲上腕関節に関わる筋肉に負担がかかり、痛めることにつながるのです。

下の写真2枚は、肩関節から腕を前後に動かしたものです。赤丸が動きの中心です。

ちなみに、関節とは、骨と骨をつなぐジョイント部分のことです。

肩甲胸郭関節が正式な関節でないのは、肩甲骨と胸郭は、結果的に近くにあるだけで、きちんとしたジョイントがされていないからです。

肩を動かすためには、上記の関節のほか、脊柱や骨盤の状態も重要になってきます。意識としては、腕を動かすなら、みぞおちから動かすイメージを持つといいでしょう。

下の写真は、肩甲骨も動かして、みぞおちから動かす意識で腕を前後に動かしたものです。赤丸が動きの中心です。

肩関節だけ使って動かしてたときとは動く範囲が全然違いますよね。知れば知るほど、人間の身体はよくできてるなーと思います。

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す