free web hit counter
身体の使い方・姿勢について

肩甲骨は寄せるだけじゃなく下げる~寄せるだけでは肩こり予防にならない~

肩甲骨を寄せるほうがいいことはよく言われるようになりました。

ただ、肩甲骨を寄せるのは、実は肩こりの原因となる肩をすくめる筋肉も関与しています。肩甲骨を寄せることばかり考えていては、結局肩こりになってしまいます。

そもそも、肩甲骨はなぜ寄せるのかというと、腕の重さを肩の筋肉ではなく、背中の筋肉で支えるためです。

肩の筋肉、とくに肩をすくめる筋肉で支えてしまうから肩こりになってしまうんですね。この状態がすすむと五十肩のような状態にもなりかねません。

それを防ぐためには、肩甲骨を下げる必要性があります。肩甲骨を下げることで、腕の重さは背中の筋肉にかかり、骨を通して下半身で支えられるようになります。とくに、立位では、重力方向が頭の上から足元に向かうため、この肩甲骨を下げることの重要性が高いです。

また、腕や肩甲骨を背骨と連結させることで、腕の重さを支える役割を果たす強力な筋肉である、広背筋や僧帽筋下部は、背骨に向かって少し下方に向いて付着しています。

肩甲骨を下げる方法は、気をつけのように腕を体の横に垂らした状態で、肩をすくめることの反対、肩を下げる方向に力を入れてあげることです。耳と肩との距離を広げるように。わかりにくい人は、一度肩をすくめてからやると、見た目にもわかりやすいでしょう。

ストンと落とすだけじゃなくて、「下げる」んですよ。

やってみると、意外と難しいと思います。肩をすくめることは普段の生活でもしやすいですが、肩を下げることは、多くの人が普段しないでしょうからね。これが慣れの怖さです。いい習慣に慣れさせたいですね。

肩を下げたときには、脇の後ろ側あたりに力を感じることができるのが理想的です。肩甲骨を寄せるのは、立位の場合、この脇の後ろ側あたりに力を感じたまま寄せられる程度で十分です。「肩甲骨を寄せることが重要」とよくいわれていますが、肩甲骨をなぜよせるのかの意義見失ってはいけません。
肩を下げたときに胸に力が入っているように感じる人は肩が前に出過ぎています。

この身体の使い方は、ベンチプレスなどのトレーニングにも活かされるので、ぜひマスターしておきたいものです。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す