身体について

解剖学基本用語

姿勢や身体の使い方に興味をもち、勉強しようと思った時に、最初に立ちはだかる壁が解剖学の用語だと思います。

聞きなれない言葉が次々と出てきて混乱してしまい、勉強するのを諦めてしまってはもったいないです。

そこで、今回は解剖学の用語について少しご紹介します。

ここがわからないと用語を間違って理解してしまうのでよく覚えておいてほしいです。

解剖学では下の図のような姿勢を基準とし、各用語を規定しています。

この姿勢を解剖学的肢位(かいぼうがくてきしい)といいます。

この姿勢を基準として用語が用いられるので、この姿勢を間違うと、用語の意味も取り間違えてしまいますよ。

運動面

関節の運動が、どの面で動くかという話です。

上の図にも出てたので、イメージはできるかと思います。

次に出てくる軸とごっちゃにならないように注意しましょう。

 

矢状面(しじょうめん)…人体を左右に分ける垂直面のことです。

特に左右を均等に二分する面を正中矢状面、あるいは単に正中面といいます。

なので、正中矢状面は1つしか存在しません。

正中矢状面に対して平行に無数の矢状面があり、これを傍矢状面と呼ぶこともあります。

前額面(ぜんがくめん、前頭面)…人体を前後に分ける垂直面のことをいいます。

冠状面 と呼ぶこともあります。

水平面…人体を上下に分ける面のことで、横断面と呼ばれることもあります。

運動軸

身体の動きの中心となる軸がどのようなものかという話です。

僕は勉強はじめたころに面とごっちゃになって混乱しました。

違和感があるかもしれないけど、コマの軸をイメージして、軸の伸びる方向が解剖学の「軸」の話、コマの回る方向の話が「面」の話と考えてもらったら少しは理解の助けになるかも。

 

前額軸(前頭軸)…人体の左右方向の軸で、この軸を中心に身体の一部が回転すると、その動きは矢状面上で生じます。

矢状軸…人体の前後方向の軸で、この軸を中心に身体の一部が回転すると、その動きは前額面(前頭面)上で生じます。

垂直軸…人体の上下方向の軸で、この軸を中心に身体の一部が回転すると、その動きは水平面上で生じます。これはまさにコマそのものの軸と同じですね。

関節運動に関する用語

屈曲と伸展…屈曲とは隣接する部位が近づき、互いのなす角度が小さくなる運動のことをいいます(たとえば肘を曲げるなど)。

伸展は反対に隣接する部位が遠ざかり、互いのなす角度が大きくなる運動のことをいいます(たとえば肘を伸ばす)。

これらの運動は、前額軸を中心に矢状面上で生じることが多いです。足関節では屈曲を背屈(つまさきをたてる)、伸展を底屈(つま先を伸ばす)といいます。

また、肩関節では屈曲を前方挙上(バンザイする動き)、伸展を後方挙上(リレーでバトンを受け取る動き)と呼ぶことがあります。

外転と内転…外転とは身体の一部が正中線から遠ざかる運動で、反対に内転は正中線に近づく運動をいいます。

これらの運動は矢状軸を中心に前額面上で生じることが多いです。

肩関節では外転を側方挙上(サイドレイズの動き)と呼ぶことがあります。

外旋と内旋…垂直軸を中心に水平面上で生じる運動を回旋といいます。

上腕部あるいは大腿部の前面を外方に回す運動を外旋といい、内方に回す運動を内旋といいます。

前腕に関しては外旋内旋という用語は使わず、肘関節を屈曲した状態で手掌が上を向く運動を回外(カーブを投げる)、手掌が下を向く運動を回内(シュートを投げる)といいます。

分回し運動…屈曲、伸展、外転、内転の組み合わせによって生じる動きのことをいい、遠位部が円を描くような動きをすることから描円運動と呼ぶこともあります。

例えば肩関節をぐるぐる回すような動きがこれにあたります。

この他、身体各部位特有の運動があります。例えば、肩関節では 90 °外転位で上腕の前方への運動を水平屈曲といい、後方への運動を水平伸展といいます。

足部では回内、外転、背屈が組み合わさり、足底が外を向く運動を外がえし、回外、内転、底屈が組み合わさり、足底が内を向く運動を内がえしといいます。

外反、内反という言葉は一般に足部の変形を表しており、正式な関節運動を表す用語としては使いません(たとえば外反母趾)。

方向あるいは相対的位置関係を表す用語

上方(頭方)…より頭に近い位置を示します。

下方(尾側)…より頭から遠い位置を示します。

内側(ないそく)…より正中矢状面に近い位置を示します。前腕では尺(しゃく)側,下腿では脛(けい)側と呼ぶことがあります。

外側(がいそく)…より正中矢状面から遠い位置を示す。前腕では橈(とう)側,下腿では腓(ひ)側と呼ぶことがあります。

前方(腹側)…より人体の前面に近い位置を示します。

後方(背側)…より人体の後面に近い位置を示します。

近位…四肢で用いられ、より体幹(両肩、両股関節を角にした、腹、胸などの手足とつながる体の幹となる部分をいう)に近い位置を示します。

遠位…四肢で用いられ、より体幹から遠い位置を示します。

…より人体の表面に近い位置を示します。

…より人体の表面から遠い(深い)位置を示します。

 

以上のような用語を理解しておけば、かなり取り組みやすくなると思いますよ。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す