身体について

足背筋群~シンプルイズベスト~

足背筋群は、足の甲側の筋肉たちになります。

足背筋群には、短趾伸筋、短母趾伸筋があります。

足裏の筋肉は「屈筋」が多かったですが、足背筋群はどちらも名前に「伸筋」が入ってますね。

これは文字通り伸ばしていく、反らしていく働きをする筋肉だからです。

短趾伸筋(Extensor digitorum brevis)

起始

踵骨の背面(踵の骨の上部外側先端あたり)

停止

第2~4趾の趾背腱膜、第2~4趾の中節骨底

作用

第2~4趾の中足趾節(MTP)関節、近位趾節間(PIP)関節:背屈(反らす)

神経支配

深腓骨神経(L5、S1)

コメント

関節の名前は上の画像を参考にしてください。

MP関節とMTP関節は同じ関節です。

 

この筋肉は小指にはつながっていません。

つまり、小指を反らす筋肉は、必ず足首を超えてやってくるということです。

小指を反らすのは、そのような足首を超えてやってきた筋肉だったり、短趾伸筋でも、薬指を動かすことで、小指が一体となって動かされます。

短母趾伸筋(Extensor hallucis brevis)

起始

踵骨の背面(踵の骨の上部外側先端あたり)

停止

母趾の趾背腱膜、母趾の基節骨底

作用

母趾の中足趾節(MTP)関節:背屈(反らす)

神経支配

深腓骨神経(L5、S1)

コメント

足底筋群に比べて、足背筋群はとてもシンプルだとは思いませんか?

足底筋群は、重要な2つの働きを全うするために複雑な構成になっていましたが、足背筋群はたった2つの筋肉だけです。

指はもともと木をつかんだりするために用いられていたと考えられますが、それも指を曲げるほうに細かな制御があれば十分です。

反らすほうは指を元の位置に戻せれば問題ないのです。

 

足背筋群は、指を反らすという働きよりも、曲げた指を元の位置に戻したり、指先まで伸びる他の筋肉と合わせて、足指の骨や、その根元にある骨たちを踵の骨に向かって押さえつけるようにして固定するという働きがメインになるのではないでしょうか。

なので、指の骨やその土台となる足の骨の配置がずれると、筋肉で引き寄せられることによって、どんどんそのずれが助長されていくこと頭に入れておくべきでしょう。

逆に言えば、指を伸ばすような(指の関節それぞれを離していくような)力を加えることで、骨の配列を整えやすくすることができます。

 

また、短趾伸筋がPIP関節を超えて付着しているのに対し、短母趾伸筋はPIP関節は超えず、MTP関節だけ超えて付着しています。

母趾には中節骨がないからかもしれませんが、違う視点から見れば、それだけ母趾のMTP関節の動きが制御できていることは重要である、ともとらえることができますね。

あるいは、筋肉の方向から考えて、末節骨まで付着していると、母趾全体を斜めに引っ張ることになり、指の骨を引き寄せて安定させるという観点からいえば、骨をずらしてしまうことになるからかもしれません。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す