身体について

進化・変化は最低限が原則であることを忘れない〜筋肉がついてくるのは時間がかかる〜

トレーニングをはじめたばかりの人の中には、筋肉がなかなかついてこないのでやる気を失ってしまっている人もいるのではないでしょうか?

ただ、そこでトレーニングをやめてしまうのは非常にもったいないです。

筋肉がついてくるには時間がかかります。

そこで、今回はそのことをお伝えしていきます。

大前提として頭に置いてほしいことが、人間も含め、生物というものがもっとも優先することは、「生存すること、子孫を残すこと」です。

そのため、進化・変化は最低限が原則としています。

 

生物としては、現状生きているという状態が1番安全なのです。

環境に変化がないのに、むやみに変化することで、生きづらくなる可能性があるからです。変化しないことが生存確率を高めるんですね。

生物の進化・変化は、環境の変化によりやむをえず成されてきました(生物の進化についてはまだまだ諸説あります)。

筋肉が大きくなるというのも、ひとつの変化です。

生物の生存だけを考えるならば、筋肉も必要なければ無駄なものです。

なぜなら、筋肉が付くと、筋肉自体はもちろんですが、身体が重くなってしまうことによってエネルギー消費量が上がってしまうからです。

つまり筋肉がついていない状態に比べて飢えてしまいやすくなるわけです。

 

であれば、筋肉はできるだけ少ないほうが生存可能性が高いのです。

筋肉が付くとすれば、エネルギー消費量が上がってしまうことに比べて、よりメリット・必要性がなければいけません。

 

トレーニングをはじめた最初の頃は、神経の適応といって、筋肉の力を発揮するための神経伝達がよくなり、筋肉量がさほど変わっていなくても、挙上重量が上がっていきます。

筋肉量を変えることなく発揮できる力が上がるわけで、一瞬だけや一時的であれば、こちらで対処した方が変化が少なくて済むわけです。

火事場の馬鹿力なんかも神経の適応の亜種とも言えなくはないですね。

 

この神経適応の時期はトレーニングをするたびに挙上重量が上がる場合もあり、変化が目に見えてわかるので楽しいものです。

ただ、神経の適応も終わってしまうと、なかなか重量も上がらず、変化が見えづらくなります。

そして、変化が見えづらいために、トレーニングを継続する中でイライラすることがあるかもしれません。

 

しかし、それでもトレーニングを続けていると、継続的に力を発揮しなければいけない場面に遭遇します。

そうなると、身体も力を発揮しなければならない状況に置かれている、環境の変化が起こっていると認識しだすわけです。

「筋肉つけたほうがいいかも」と。

 

そのようにしてようやく、筋肉がつき始める(太くなりはじめる)ことになります。

つまり、トレーニングとは生存環境を人工的に変える行為であるといえます。

進化・変化が最低限であるので、環境の変化を認識してから実際に身体が変化するには時間がかかるのです。

 

ただし、ちょっとした環境の変化くらいでは身体は変わりません。

トレーニングも同じものをずっと継続していると、その環境に身体が慣れてしまいます。

だからこそ、トレーニング原則にもありますが、ある程度強い負荷をかけてトレーニングする必要があります。

 

筋肉をつけるために必要なのは、筋肉をつけるための必要性を感じさせる「刺激」です。

同じ刺激が続けば環境の変化を感じづらくなります。

だからこそ、その環境の変化を感じさせるために、負荷を増やしていったり、トレーニングの種目を変えていく、といったことが必要になってくるわけです。

 

以上のように考えれば、トレーニングの効果がなかなかあらわれないイライラが少しはマシになります、、、かね?

物理の世界では「力を加えない限り変化が生じない」という慣性の法則があります。

何かを成し遂げるためには、必ず力・エネルギーや時間を注がなければなりません。

楽に筋肉がつくなんてことはありません。

 

トレーニングは長期間を見据えて行っていくようにしましょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す