あなたは、デッドリフトをどのようなトレーニングと理解していますか?

床からバーベルを引っ張りあげるトレーニングだと思っていませんか?

おそらく多くのトレーニーがそのような認識でデッドリフトを行なっていると思います。

しかし、そのような認識でデッドリフトを行なっていると、腰を痛めてしまう可能性が高いです。

というのは、バーベルを「引く」という認識であるということは、上半身に注目した認識であるからです。

上半身で「引く」認識でいると、どうしても腰を使いやすくなってしまいます。

確かに、デッドリフトはバーベルを手で持っているので、手で引っ張り挙げたくなります。

しかし、デッドリフトにおける手や腕の働きは、身体の中心部、つまり体幹部にバーベルの重さを乗せるために機能すれば十分です。

見方を変えるなら、デッドリフトは、バーベルを身体にぶら下げたまま立位の姿勢に移行するトレーニングであるといえます。

腕も結局、背中の筋肉によって、体幹部に接続しているからです。

つまり、背中も、バーベルを引き上げるのではなく、バーベルの重さを体幹部に乗せるために機能すれば十分なのです。

では、どこの力がバーベルを地面から浮かすべきなのでしょうか?

それは、下半身の力です。

下半身の力といっても、すべて筋力でカバーしようとすると、とても体重を超えるような重い重量を安全に持ち上げることができません。

そこで、骨をうまく活用していくことが重要になります。

上の図の通り、膝を伸ばした時点で、バーベルを上方に動かす力の発揮は完了し、後は臀部を前方に移動させれば、勝手に骨で押し上げられるので、動作②の段階で膝が伸びさえすれば、あとは自分で持ち上げたり引き上げたりする必要はありません。

気にかけるべきは、バーベルの重さがきちんと身体に乗っているかどうかです。

それを知るためには、足裏がどれだけ床に押し込まれている感覚があるかを気にかければいいでしょう。
<参考>



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket