「なにもしていないのに腰が痛くなった」

 

腰が痛い人からよく聞くセリフです。

重い物を持ったわけでもないし、激しい運動をしたわけでもない。確かに、本人は何もしてないかもしれません。

しかし、その痛めている腰は、知らぬうちに、多大な仕事をこなしているかもしれません。

 

今回は、ちょっとしたことがどれだけ腰部に負担をかけるのか、そして、腰部への負担を軽減する姿勢についてお伝えしたいと思います。

 

方法は簡単です。

実際にやってもらうと、少し前に身体を傾けただけで、腰の筋肉がどんどん硬くなるのが感じてもらえると思います。

普段の姿勢の微妙な違いが原因で、腰部を酷使している可能性があるのです。

椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症といった腰痛症は、この腰部の負担が大きすぎて、骨や椎間板が移動してしまう、もっとひどいと、骨の積み木の積み重なり方が長期間にわたり悪く、骨や椎間板が変形してしまったことに多くの原因があると思われます。

人間は、二本脚で立っているだけで腰部に大きな負担をかけます。

腰部の負担をいかに少なくするかが、身体の使い方、そして良い姿勢の肝になります。

以下の記事も参考にしてください。

LINEで送る
Pocket