身体の使い方の中で覚えておきたいのが、かかとで地面を踏む(かかとに体重を乗せる)ようにすることです。

これは、動作時に適切な姿勢をキープできるように、さらにいえば、トレーニング時に正しいフォームを保っておくために重要なことになります。

たとえば、スクワットをするとき、かかとで地面を踏むようにすると、骨盤の前傾を保ったまま動作しやすくなります。逆に、つま先のほうで地面を踏むようにすると、骨盤の前傾を維持することが難しくなり、しゃがんだときの安定性を保ちにくくなります。

なぜ、そのようなことが起こるかというと、地面を踏んだときに発生する力が身体にどのように影響を及ぼすかの違いです。

つま先で地面を踏もうとすると、足首が底屈しよう(足首を伸ばそう)とし、地面を踏むので、地面から、上方への力だけでなく、後方に向けての力が発生します。この後方への力が骨盤を後傾させようとするので、骨盤の前傾を維持するのが難しいのです。かかとで踏もうとする場合、足首を背屈しよう(足首を立てよう)として地面を踏むので、地面から、後方に向けての力は発生しません。むしろ、前方に向かおうとする力が身体にかかり、骨盤前傾を維持しやすくなります。

これらは、実際にやってみるとよく実感できると思います。

ただ、勘違いしてほしくないのが、かかとで地面を踏むということは、つま先に体重をかけてはいけないということを意味しないということです。

ポイントは足首を背屈させた状態がつくれるようになることにあります。かかとで地面を踏みつつ、身体全体で前方に体重をかけようとすることで、足裏全体に綺麗に体重がのります。

ふくらはぎが固く、適切な背屈状態をつくりにくい人は多いので、ふくらはぎを伸ばすストレッチをしてあげるだけで、トレーニングしやすくなる人は多いでしょう。

背屈状態は歩くときにも大きな影響を及ぼします。背屈状態がつくれるからこそ、かかとからつま先までスムーズに体重移動ができます。

このことが理解できるとトレーニングがしやすくなるでしょう。

参考記事<身体安定のポイントは骨盤!?〜骨盤が向くほうに体重がかかる〜



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket