カロリーは当てにならない~カロリー計算の意味と嘘~

以前、カロリーはひとつの目安にとらえるべきという記事を書きました。



今回は、さらにカロリーがあてにならない根拠について3つほど挙げてみたいと思います。

 

カロリーが当てにならない1つ目の理由は、カロリーの算出方法にあります。

 

上の参考記事を見ていただいたらわかるのですが、カロリーの算出方法は、実は対象を直接燃やして測定しています。

 

燃焼させることで、周囲にある水の水温がどれくらい上がるかで測定しているんです。

 

では、身体の中でそのように燃焼しているかといわれれば、そんなことはないはずです。

 

体温は高くても42度程度までしか上げることはできません。

 

であれば、摂取した食品の栄養を消費する過程は、燃焼とは違うシステムで行なっているはずです。

 

と考えれば、食物を燃焼させることで見出されるカロリーと、摂取した食物をエネルギーとして消費したときのカロリーは違うはずです。

 

カロリーが当てにならない根拠の2つ目としては、食べたものがそのままの形で消化吸収されるわけではない、また、食べた物すべてが消化吸収されるわけではないことです。

 

摂取された食物は、胃腸で消化され、小腸で吸収されます。

 

しかし、この過程で、摂取した食物は消化液や腸内細菌の作用の影響で別の物質に作り変えられたりします。

 

その過程でエネルギーのロスが生じたりしている可能性は高いでしょう。

 

また、消化されずに排出される食物もあります。

 

さらに、カロリーが当てにならない根拠の3つ目として、消費カロリーの計測方法が不明瞭であることです。

 

食物のカロリーは、直接燃やすことによる水温の上昇でカロリーを計測しますが、身体の消費カロリーについての計測方法を僕は知りません。

 

調べてみても、メッツやなにかしらの係数を掛けた算出方法はいくらでも出てくるのですが、もともと、どのように消費カロリーを計測していたかという情報は見つかりません。

 

もし知っている方いれば、教えてほしいくらいです。

 

以上のように、食物のカロリー、摂取カロリー、消費カロリーは同じものさしで測られていないため、当てにするには頼りないのです。

 

カロリーを気に掛けることはいいことではありますが、気にしすぎて神経質になる必要はありません。

出張パーソナルセッション

大阪であれば、出張パーソナルセッションできます。詳しくは「詳細をみる」ボタンをクリックしてください。