食事・栄養

カロリーは当てにならない~カロリー計算の意味と嘘~

以前、カロリーはひとつの目安にとらえるべきという記事を書きました。



今回は、さらにカロリーがあてにならない根拠について3つほど挙げてみたいと思います。

 

カロリーが当てにならない1つ目の理由は、カロリーの算出方法にあります。

 

上の参考記事を見ていただいたらわかるのですが、カロリーの算出方法は、実は対象を直接燃やして測定しています。

 

燃焼させることで、周囲にある水の水温がどれくらい上がるかで測定しているんです。

 

では、身体の中でそのように燃焼しているかといわれれば、そんなことはないはずです。

 

体温は高くても42度程度までしか上げることはできません。

 

であれば、摂取した食品の栄養を消費する過程は、燃焼とは違うシステムで行なっているはずです。

 

と考えれば、食物を燃焼させることで見出されるカロリーと、摂取した食物をエネルギーとして消費したときのカロリーは違うはずです。

 

カロリーが当てにならない根拠の2つ目としては、食べたものがそのままの形で消化吸収されるわけではない、また、食べた物すべてが消化吸収されるわけではないことです。

 

摂取された食物は、胃腸で消化され、小腸で吸収されます。

 

しかし、この過程で、摂取した食物は消化液や腸内細菌の作用の影響で別の物質に作り変えられたりします。

 

その過程でエネルギーのロスが生じたりしている可能性は高いでしょう。

 

また、消化されずに排出される食物もあります。

 

さらに、カロリーが当てにならない根拠の3つ目として、消費カロリーの計測方法が不明瞭であることです。

 

食物のカロリーは、直接燃やすことによる水温の上昇でカロリーを計測しますが、身体の消費カロリーについての計測方法を僕は知りません。

 

調べてみても、メッツやなにかしらの係数を掛けた算出方法はいくらでも出てくるのですが、もともと、どのように消費カロリーを計測していたかという情報は見つかりません。

 

もし知っている方いれば、教えてほしいくらいです。

(追記:実は食物と同じような方法で出してました。)

 

以上のように、食物のカロリー、摂取カロリー、消費カロリーは同じものさしで測られていないため、当てにするには頼りないのです。

 

カロリーを気に掛けることはいいことではありますが、気にしすぎて神経質になる必要はありません。

 

20200209追記

栄養学についての話は、日々言われていることが変わったりするので、今一度勉強し直す必要があると感じています。

単純に栄養について知るというだけ出なく、身体の働きとの関係性も吟味しなければなりません。

カロリーについても、まだまだ理解不足を感じます。

カロリーが目安として重要な指標であることは確かだとは思います。

しかし、絶対的なものではありません。

体内で消化された食べ物は、その栄養をどのように変えているかわかりません。

草食動物のように、植物から体内にある細菌の働きによってタンパク質を生み出している可能性もあります。

現にじゃがいもをよく食べるロシアの人は、体内の消化でタンパク質を作り出しているということもあるらしいです。

さらに、食べる順番も重要だと言われています。

食事や栄養に関しては、また勉強し直した時に、記事を追加していきたいと思います。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す