デッドリフト

デッドリフトにおけるバーベルと身体との距離

デッドリフト時におけるバーベルと身体との距離も、意外と迷うところではないでしょうか?

単純に考えれば、バーベルが脚に近い位置にあればあるほど有利なような気がします。

確かに、物理的にいえば、身体に近いほうが、動作のメインとなる股関節のてこを考えても有利だし、腰部への負担も軽減されるでしょう。

しかし、バーベルが身体に近すぎると、バーベルが身体の動きを妨害してしまいますし、それでもなお無理やりデッドリフトを行おうとすれば、フォームを崩さざるを得ません。

そこで、デッドリフトにおけるバーベルと身体との適切な距離が問題となります。

デッドリフトをバーベルを引き上げるトレーニングではなく、バーベルをぶら下げたまま立位の姿勢に移行するトレーニングととらえるならば、最も優先すべきことは、バーベルをぶら下げる支柱となる身体がきちんとその役目を果たすことです。

<参考>

身体が支柱としての働きをするためには、身体の柱となる骨がきちんと積まれているかどうかが重要です。

そして、骨がきちんと積まれているかどうかは、足裏の感覚で判断することができます。

<参考>

実際にやってもらうとわかるのですが、骨が適切に積まれるためには、背骨のS字カーブを維持する必要があります。

これは、背骨の構造上、S字カーブで積まれたときに背骨のブロックひとつひとつが噛み合うようになっているからです。

<参考>

なので、バーベルを持ったときに、背骨のS字カーブを維持でき、なおかつ、できるだけ身体に近い位置にバーベルがあると適切であるといえます。

そして、その距離を見つけるためには、まずはデッドリフトのフォーム(挙上しはじめる寸前のフォーム)をつくった上で、そのフォームにバーベルを合わせていくというようにすると適切な距離をとりやすいです。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す