free web hit counter
ベンチプレス

ベンチプレスでバーベルを下ろすべき位置はアーチの高さで変わる

ベンチプレスにおいて、バーベルを下ろしてくる適切な位置は、おおよそ鎖骨からみぞおちの間になります。

このとき、下ろす位置の決め手となるのは、どの位置であれば、ベンチにバーベルの重さを「乗せる」ことができるのかです。
<参考>

背中において、もっともバーベルの重さを乗せるのに安定する位置は、上半身の中で、1番後方に張り出している、肩甲骨の肩甲棘あたりです。

このことは、アーチが高かろうと低かろうとほぼ変わりません。

なので、バーベルを肘を伸ばして支えている状態では、バーベルの重さをベンチに伝えるために、肩甲棘の真上、つまり、およそ鎖骨の上にバーベルが位置しているのが支えやすいです。

では、この記事のタイトルにあるように、アーチの高さにより、バーベルを下ろす位置が変わるのはなぜでしょうか?

それは、アーチを形成するのには、背中の筋肉が使われている必要があるからです。

背中の筋肉の代表ともいうべき広背筋は、上腕骨(力こぶのある部分の骨)と背骨をつないでいます。

広背筋に力が入ることで、体幹部(背骨部分)に比べて質量の軽い上腕が、連結している肩甲骨等を伴って背骨方向に引っ張られます。
つまり、肘を曲げたときの肘の向きが足側に向くように作用するのです。
なので、アーチが高くなればなるほど、広背筋の作用が強くなり、上腕が広背筋に引っ張られ、肘が足側を向き、それに伴ってバーベルを下ろす位置もみぞおち側に近づきます。

一方、アーチが低い場合、広背筋の作用が低いので、上腕があまり引っ張られず、肘を曲げても、肘が外を向いたままになってしまうのです。

また、アーチが高くなることで、胸部が鉛直方向に持ち上がり、結果的にバーベルを下ろすべき位置はみぞおち側に近づきます。

以上のように、アーチの高さにより、バーベルを下ろすべき位置は変化します。

だからといって、肘だけに注意を向けて、肘の位置や方向をコントロールしようとしてはいけません。

肘の位置や向きは、広背筋の作用によって向けられているだけであり、自分でコントロールして脇をしめようとしたりすると、広背筋ではなく、二の腕の筋肉で肘を足の方に向けてしまいます。

そうなってしまうと、広背筋の力が減少してしまい、バーベルの重さがベンチに伝わらなくなって、重い重量を挙上できなくなってしまいます。

ベンチプレスをしていて、胸よりもやたらと二の腕が疲れるという人は、アーチの高さ、そして、首を長くして耳から肩を離すようにし、広背筋に力が入っているかを気にしてみてください。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す