身体について

ポキポキ鳴っているからとい って悪いとは限らない〜骨が鳴る理由〜

肩を回したりしたときに、骨がポキポキ
鳴って気になる、という経験はありませんか?
 
なんか骨が引っかかったような感覚に
なって、あんまりいい気分にはなりませんよね。
 
あるいは、
首を左右に振ってゴキゴキ鳴らしたり、
漫画でよくあるような拳を反対側の手で
包み込むようにしてパキパキ鳴らしたり、
自ら骨を鳴らすようなことが癖になっていたりとか。
 
骨が鳴ると、なんだかほぐされたようになって
気持ちいいですよね。
 
ただ、骨を鳴らすと関節が太くなるって聞くし、
骨がずれると神経が傷ついて麻痺が起こることも
あるってきいて、ちょっと怖かったりしませんか?
 
僕は指の関節を鳴らす癖が昔からあって、
指が太いので、勉強するまで指が太いのは
骨を鳴らしすぎたせいだと思ってました。
 
「骨が鳴る」ということについて、
悪いイメージが抱かれていない場合が
多いような気がします。
 
整体してて骨が鳴るとびっくりされることもありますし。
 
そこで、今回は「骨が鳴るのはどういうことか」
についてお伝えしたいと思います。
 
結論からいえば、骨の音の鳴り方によることになります。
 
骨の鳴り方には、大きく3種類あります。
 
1つ目が、骨が動くことによって、
関節の中にある液体の中の気泡が
弾けることによってなる音です。
 
これは、パキパキと比較的高めの音が
なります。
 
指の関節なんかは高い音が鳴りますね。
 
もっとも馴染みがある音だと思います。
 
これに関しては、他の記事にも
書いています。
 
気泡が弾ける音なので、1度鳴らすと、
すぐに同じ場所では鳴りにくいです。
 
音の原因がなくなるからですね。
 
2つ目が、固まった筋肉群の中を骨が動く
ことによって、音が鳴っている場合です。
 
これは、ゴリゴリと低めの音がします。
 
肩甲骨を動かしたときの音や、股関節は
この鳴り方ですね。
 
特に、肩甲骨は浮遊骨と言われて、肋骨との間に関節
を構成していません。
 
つまり、気泡がはじけるための液体がないのです。
 
気泡とは別の音が鳴る原因があるということです。
 
肩甲骨は、よく動く部位なので、
それだけ多くの筋肉でコントロールされています。
 
直接肩甲骨に関連しなくても、肩甲骨の近くを
通っている筋肉もあります。
 
その多くの筋肉の間をぬって肩甲骨が動くことになります。
 
それらの筋肉が固ければ、それが引っかかりとなって
音がなることになります。
 
放置していると四十肩五十肩になってしまう
可能性も高いです。
 
この点を逆から考えれば、
筋肉がほぐれれば、音は小さくなり、
やがてならなくなることもわかります。
 
3つ目は、骨と骨が干渉し合っているとき
の音です。この音の場合は、ギーコギーコ
という感じの音がなります。
 
骨と骨がきちんと噛み合っていないんですね。
 
ひどい場合は、音がなる場所の周辺に痛みが
あることもあります。
 
膝が痛い人が膝関節を動かしたときに、
そんな音がすることが多いです。
 
この音は一部に負担がかかる状態の場合が
続いていて、関節の軟骨も少なくなっていて、
骨がほとんど直接干渉していることもありえます。
 
骨自体には神経がないので、痛みがなくても注意が
必要な鳴り方です。
 
こんなこと書くと、
 
「やっぱり骨が鳴るって悪いやんか」
 
と思われそうですが、
実は、人によっては、骨の鳴る音が
聞けた方がいい人もいます。
 
というのは、肩甲骨を動かしても
「ゴリゴリ音がしないから凝ってないわー」
って思ってる人がたまにいます。
 
こういう人は、肩甲骨周辺が凝りすぎて、
肩甲骨ではなく、肩関節が動いている
だけの可能性があります。
 
そのような人の筋肉をほぐして
再び肩甲骨を動かしてもらうと、
ゴリゴリ音が鳴り出すということ
があるのです。
 
ゴリゴリ音が肩甲骨が動いている目印に
なるんですね。
 
骨が鳴るということから
確実にいえることは、
「骨が動いている」
という事実だけです。
 
なので、骨の音との向き合いかた
次第では、
福音にもなり、
地獄の鐘でもあるわけです。
 
音がならないからといって
安心できないんですよね。
 
だからこそ、動作において
使われる筋肉について知り、
そしてその筋肉を使っている
感覚があるかどうかを
気にしたほうが
よっぽど動作の適切性
を判断する基準としては明確なのです。
 
ただ、それはなかなか難易度が高いので、
骨がなったら、上の3つの音の鳴り方
から、どの鳴り方をしているのか
を気にしてみてください。
 
特に、ゴリゴリ音の場合は、
最初は乾いた音なのですが、
周りの筋肉がほぐれるに
したがって、湿っぽい
「モリモリ」という感じの
音に変化しています。
 
このような変化も、
立派な身体動作改善の結果ですよ。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す