上腕二頭筋(Biceps brachii)

起始

・長頭(Long head):肩甲骨の関節上結節
・短頭(short head):肩甲骨の烏口突起

停止

橈骨粗面、上腕二頭筋腱膜

作用

・肘関節に対して:屈曲、回外(肘関節を曲げて)
・肩関節に対して:外転と内旋(長頭)、屈曲(前方挙上)(長頭と短頭)

神経支配

筋皮神経(C5~C7)

コメント

力こぶを形作る筋肉です。前腕の回内・回外で動くのは橈骨なので、橈骨に付着している上腕二頭筋は、前腕の回内・回外の影響を受ける。具体的には、作用のところにあるように、肘を曲げながら、前腕を回外することで最も上腕二頭筋が収縮します。

また、上腕二頭筋は、肘関節と肩関節をまたいで付着する多関節筋であり、肩関節に対する作用として、外転と内旋と屈曲させます。このことから、上腕二頭筋が固くなりすぎると、いわゆる「巻き肩」の状態になってしまいます。男性トレーニーで、上腕二頭筋を集中的に鍛える人が多く見受けられるので、特に注意が必要です。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket