身体の使い方・姿勢について

姿勢をナメると将来大きな苦労をすることになる~たかが姿勢されど姿勢~

姿勢は365日24時間重力がある限りずっとあなたに関係しています。

姿勢が悪いまま放置すると、悪い姿勢による負担がたとえ一瞬では小さいものだったとしても日々積み重なって

限界を超えると大変なことになります。

このあたりの話について詳しくは下の記事を読んでみてください。

今回お伝えしたいのは、そのような大変なことにならないためには、「姿勢を舐めない」という心の姿勢が必要だということについてです。

といっても、「な~んだ、そんなことか」とあなたは思うかもしれません。

ただ、「そんなことか」と思うということは、まさに姿勢を軽視している思考が現れてしまっているので、わかっていません。

ぜひこれから書くことをしっかり読まれることをおすすめします。

ではどういうことかお伝えしていきましょう。

悪い姿勢の場合に筋肉が支えることになる身体の重さって知っているでしょうか?

多くの人が、自分の身体の重さを全体としての体重としてしかとらえられてません。

自分が動くにあたって、部位ごとの重さがあるのに、あまり考慮されていないのです。

「太って体重がえたから動きが鈍い」

と思う人も、認識は全身に対してです。

自分の頭が腕が、胴体が、脚がどのくらいの重さがあるのかざっくりでも知っていますか?

さすがに、切って測るわけにはいかないので、正確な重さは僕にもわかりません。

ただ、実はWHOによる部位別の基準があります。

体重に対して

頭部7%

胴体43%

上腕(肩から肘)3.5%

前腕(肘から手首)2.3%

掌・手指0.8%

大腿11.6%

下腿(膝から足首)5.3%

足部・足指1.8%

(四肢は片側の割合)

です。

もし、体重50kgの人だとすると

頭部3.5kg

胴体21.5kg

上腕(肩から肘)1.75kg

前腕(肘から手首)1.15kg

掌・手指0.4kg

大腿5.8kg

下腿(膝から足首)2.65kg

足部・足指0.9kg

になります。

本来は身体に障害があったり、四肢が欠損している人のための基準体重を補正するために用いられる比率ですが、姿勢を理解する上でもありがたい指標です。

例の体重50kgの人を見てもらうと、例えば、頭が3.5kgあります。

この頭を首の筋肉で支えているわけです。

たとえば、パソコンを見るために頭を前に垂らした状態だと、首の後ろの筋肉がこの3.5kgを支えることになります。

3.5kgは、トレーニングするにはなんともないとも思える重さですが、パソコンを見ている間ずーとこの重さを支えていることを想像してみてください。

あるいは、イメージしにくければ、3.5kgの荷物を手提げに入れて1時間くらい持ち続けてみてください。

かなり辛いことがわかってもらえると思います。

首の後ろにその負担が集中することになれば、そりゃコリもするし、痛くもなるわって話なんです。

実際には、もちろん骨も支えるので、3.5kgまるまる筋肉が支えるわけではないですが、相当な負担になることはイメージできたと思います。

デスクワークが仕事の人は、サラリーマンとするなら、その負担を1日7時間近く、約40年くらい積み重ねることになるわけです。

想像するだけでしんどいですね。

他の部位でいえば、腰ならば、体重の約半分の重さを支えることになります。

荷物を持てば、さらに増加します。

ここまで読んでもらえれば、たかが姿勢と舐めてかかることはできないはずです。

この姿勢が悪いことによる負担の危険性を理解しているからこそ、できるだけ良い姿勢でいようと強く思えるわけです。

姿勢に対する気持ちの持ち方、つまり「心の姿勢」が変わってくるんですね。

まずは、この姿勢に対する危機感、真剣さを持つことが良い姿勢になるために絶対に必要なことなのです。

そして、頭の回転の早い人は気づいたかもしれませんが、姿勢を見た目だけで判断することは、大げさではなく、危険なことです。

姿勢の専門家ですら、姿勢を見た目で判断している人が多数います。

そのため姿勢は見た目で評価することが常識になってしまっており、姿勢を本質から理解していないばっかりに、間違った正しい姿勢にむかって努力してしまっている人が多くいるのが現状です。

良い姿勢の条件は、骨で身体を支えることで筋肉にかかる負担が少ないことです。

なので、外見ではなく、確実に筋肉に対する負担が減っていることが認識できないといけないのです。

姿勢の良し悪しは、身体の底に対する圧力で判断できます。

今回の記事を読んで真剣さを高めた上で、以下の記事を読んでもらうと、姿勢に対して理解を深めることができるでしょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す