身体の使い方・姿勢について

姿勢を改善するための方法〜姿勢を本当に良くするために踏むべき手順〜

姿勢を良くしたいと考えている人は多いです。

ただ、その気持ちの強さにはかなり差があるようです。

やる気のないダイエットと同じで、「痩せたい」とつぶやいているだけでは一向に姿勢が変わることはありません。

今回は、本気で姿勢を改善したい人に向けて、姿勢を良くするためにするべきことの手順をまとめました。

①姿勢とは何かを理解する

そもそも、姿勢とは何かについて理解していない人が多いです。

姿勢を改善するためのテレビ番組や書籍でも、姿勢とは何かについてお伝えしていることは少ないですからね。

理解していないからこそ、ぼんやりと

「背筋を伸そう」とか「胸を張ろう」という

自分が持っているイメージに向かって姿勢を変えようとします。

確かに、単純に姿勢の見た目だけを良くしたいなら、それでもいいでしょう。

ただ、姿勢は「常に」あなたに関係し、どこに負担がかかるかを左右するものなので、

下手をすると、頑張りすぎて腰が痛くなったりなどの不具合を起こす可能性があります。

姿勢に関心を持った人では、腰痛や膝の痛み、肩こりや首のコリと行った具合に、身体の不調を改善するために姿勢を良くしたいという人も多いでしょう。

そんな人が、前述のようなぼんやりとした認識では本末転倒です。

中国の兵法書「孫子」でも

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」

と言います。

姿勢は、敵であり、己です。

姿勢改善を目指すに当たって、きちんと理解したいところです。

では、姿勢は何かというと、「重力に対する身体の反応」です。

重力に引き寄せられた結果、身体がどのような体勢になっているかが姿勢なのです。

もし、重力がなかったとしたら、姿勢は問題にはなりません。

②良い姿勢とは何か理解する

姿勢について理解できたところで、次に理解すべきは、目指すべき「良い姿勢」についてです。

姿勢には、重力が関わっていることがわかりました。

重力の影響によって、身体に負担がかかっているのだとしたら、できるだけその負担を最小限にすれば良い姿勢と言えそうです。

どうすれば、身体への負担を最小限にできるのでしょうか?

身体には、身体を支える役割をする固い骨があります。

この骨が、その支持する役割をしっかり担ってくれれば、身体への負担は少なそうです。

骨は、積み木のように積み上げられることで人の形を構成しています。

ただ、骨だけで積み上げているだけでは、少し動いただけで崩れてしまいます。

なので、骨と骨をつなぎとめるものが必要です。

そのつなぎとめる役割をするのが、靱帯であり筋肉です。

骨の積み木が崩れにくいように積み上げられていれば、靱帯や筋肉にかかる負担は少なくて済むでしょう。

一方、積み木が今にも崩れそうに不安定に積み上げられていれば、それを繋ぎ止めている筋肉や靱帯は働かざるを得なくなり、負担も大きいものになるでしょう。

なので、姿勢が悪くて、肩に負担が集中すると、肩こりのように、筋肉へ影響してくるのですね。

以上から、良い姿勢とは、骨を適切に積み上げて身体の筋肉や靱帯と行った軟組織に対する重力の影響を最小限にし、身体の一部に負担が集中しない姿勢であると言えます。

③良い姿勢の基準を知る

良い姿勢の意味がわかっても、骨を適切に積み上げている状態を把握できなければ、意味がありません。

では、どのようにすれば骨が適切に積み上がっているのか判断できるのでしょうか?

この骨が適切に積み上がっているかどうかの判断基準が、良い姿勢かどうかの基準になります。

よくある方法としては、ポイントとなる部位が身体を縦に引いた直線上にあるかどうかという見た目で判断する方法です。

確かに、基準が明確でわかりやすい方法ですが、自分で見ることが難しい上に、普段の生活の中で自分の姿を見続けるというのは困難です。

他にも、壁に背中側をつけて、どこが壁に触れるかで判断するという方法もあります。

これなら、自分でも確認しやすいですが、壁に背中がなくてはならず、普段の生活の中で常に確認するというわけにはいきません。

姿勢は、24時間365日、常に関わってくるものです。

だからこそ、常に自分の姿勢を把握できる判断基準が必要です。

そこで、骨の積み木の底となっている足裏に着目します。

姿勢がどう変わろうが、両足で地面に立っている限り体重は変わりませんが、足裏に対する圧力は変化します。

その圧力の変化を捉えられれば、骨の積み木を積み上がり方を把握できそうです。

圧力とは、物体の表面あるいは内部の任意の面に向かって垂直に押す力のことを言います。

姿勢の変化により、地面を垂直に押す力に変化があれば、足裏が感じる感覚が変わるはずです。

圧力が強い方が重力方向とのズレが少ないので、足裏が強く押し付けられていると感じる、重たく感じているならば、骨の積み木が適切に積まれていると考えられます。

詳しくは以下の記事で書いてます。

④良い姿勢の基準を満たすために日常からできるだけ意識する

良い姿勢の基準を満たすために、まずは日頃からできるだけ意識的に気をつけておく必要があります。

人は常に動くので、足裏(身体の底)が重たく常に重たく感じるような姿勢いることです。

頭のちょっとした位置ひとつで、足裏(身体の底)の感覚は変化します。

上のリンクを示した記事を見てもらうと、頭の位置の違いで、足裏の感覚が変わることがわかるでしょう。

また、身体の底も変化します。

体勢による姿勢の変化については、以下の記事を参考にしてください。

足裏の感覚だけでわかりにくければ、どこでも気軽にできる姿勢チェック方法もあります。

⑤意識を無意識にする(姿勢が悪いと違和感を感じる)

意識しつつ常に姿勢に気をつけていると、良い姿勢の状態での足裏の感覚が通常の状態という認識になってきます。

すると、通常ではない状態、つまり、姿勢が悪くなった時に違和感を感じるようになります。

この違和感を感じるところまでくれば、必要性がない限り、悪い姿勢を長時間続けることはなくなっていると思います。

とは言っても、良い姿勢を保つことが辛い場合もあるでしょう。

特に、デスクワークの時など、他のことに集中している時は、どうしても自分の感覚に対して鈍感になりがちです。

楽に良い姿勢を保つためのツールも積極的に利用しましょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す