倒立は、立っているときと同様に、自分の体重を支えることに加え、バランスも取らなければなりません。しかも、支えるのは、力が脚に比べて弱い腕です。

その腕で支えようと思ったら、余計な力は使わず、掌、前腕、上腕、肩甲骨、肋骨と背骨、脚、、、という風に、骨が積み上げられ、それが、安定した状態で積み上がると、バランスを取るために余計な力を使わずに済み、支える力も最小限で済みます。

ただ、背骨まで積み上がってしまえば、脚が多少ふらついてても、支えるのは容易になってきます。

なので、倒立が楽にできるかどうかの分岐点は、背骨が積み上がるかどうかにかかってきます。

もっというと、背骨が積み上がるためには、骨盤が立てられることが重要なのです。

骨盤を立てるということは、お尻の間にある平たい骨の部分を床と垂直にできるかどうかです。

その状態がつくれれば、掌のどっしりと重みが感じられ、安定するのがわかるでしょう。

なので、楽に倒立をするために、この骨盤を立て、掌に重みがかかる感覚を知ることが重要なのです。

練習法としては、壁に向かってと倒立し、指先が壁に触れる寸前くらいまで、近づいていってください。そうすれば、背骨が積み上がりやすくなり、掌に重みがかかる感覚を得やすくなるでしょう。

ただ、近づきすぎて壁に頭が当たらないように注意してください。いや、当たること自体は大丈夫だと思うのですが、それによってバランスを崩したりしやすいので、距離を縮めるときに少しづつやってみてください。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket