身体の使い方・姿勢について

病院で異常がないと言われてるのに痛い

ときどき聞くのが、身体を動かすと痛いところがあるのに、病院に行くと「異常なし」といわれるといった状態です。

あなたはそんな経験ありませんか?

病院に行って異常なしとされた挙句、「痛みが落ち着く安静にしましょう」といったことや、「運動不足が原因なので運動してください」と指摘されることが多いようです。

 

「当たり前のこというために何時間も待たせやがって」

 

まあ病院で待つことになるかどうか病院によりますが、上の言葉は僕が実際にお客さんが言っていたことです。

異常を感じているから病院に行ったのに、返ってくる言葉は役立つものがない。

でも、そう思っていても、「医者がいうなら」ということで不本意でも従うことになるんですよね。

 

改めてもう一度いいますが、病院では「異常がない」と言われます。

でも痛いんです。

 

病院は、国家資格である医師免許を持った医師が診察します。

なので、医師がいうだけで説得力を感じるのは当然だと思います。

ただ、「異常がない=正常」ではないのです。病院で「正常値です」といっても、「正常です」というのは聞いたことがありません。

病院は基本的に、目でみてわかる範囲でしか認識しようとしません。

レントゲンも、身体の内部状態を詳細に見れることはすごいことですが、目で見て問題なければ、異常なしと判断します。

また、注射をして、体内のさまざまな物質の量などを計ったりしますが、これも、数値として正常かどうかを判断します。

 

逆にいえば、目で見えないものは、おかしな言い方ですが、見逃されやすいのです。

 

病院で異常がなくても、痛いのであれば、どこかしらに異常はあります。

目で見えないだけです。

その異常は、目で見えない筋肉同士の力関係(バランス)だったりします。

また、適切な部位を使わずに身体を動かしているということも考えられます。

 

それを知るためには、感覚が適切かどうかをチェックする必要があります。

 

たとえ、動きの見た目上はほとんど同じでも、感覚が全く違う場合があります。

例えば、左右の腕、あるいは脚を同じように動かしているつもりでも、左右で感覚が違う場合もあります。

そのような目に見えない部分を調整していくと、痛みが改善されたりすることがあるわけです。

 

病院は万能ではありません。

医師も万能ではありません。

彼らは商売としては患者がいないとはじまりません。

あなたが医者だったらどのような対応をしていくのでしょうか?

 

医者に頼らないとできないこともありますが、前提として彼らも商売をしているということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す