ときどき聞くのが、身体を動かすと痛いところがあるのに、病院に行くと「異常なし」といわれるといった状態です。

 

そして、「痛みが落ち着く安静にしましょう」といったことや、「運動不足が原因なので運動してください」と指摘され、その指示に従う方が多いようですね。

 

でも、もう一度いいますが、「異常がない」のです。でも痛いんです。

 

病院は、国家資格である医師免許を持った医師が診察します。なので、医師がいうだけで説得力を感じるのは当然だと思います。

 

ただ、「異常がない=正常」ではないのです。病院で「正常値です」といっても、「正常です」というのは聞いたことがありません。

 

病院は基本的に、目でみてわかる範囲でしか認識しようとしません。レントゲンも、身体の内部状態を詳細に見れることはすごいことですが、目で見て問題なければ、異常なしと判断します。また、注射をして、体内のさまざまな物質の量などを計ったりしますが、これも、数値として正常かどうかを判断します。

 

逆にいえば、目で見えないものは見逃されやすいのです。

 

病院で異常がなくても、痛いのであれば、どこかしらに異常はあります。目で見えないだけです。

 

その異常は、目で見えない筋肉同士の力関係(バランス)だったりします。また、適切な部位を使わずに身体を動かしているということも考えられます。

 

それを知るためには、感覚が適切かどうかをチェックする必要があります。

 

たとえ、動きの見た目上はほとんど同じでも、感覚が全く違う場合があります。

 

左右の腕、あるいは脚を同じように動かしているつもりでも、左右で感覚が違う場合もあります。

 

そのような目に見えない部分を調整するのが、トレーナーの仕事かなと思います。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket