身体について

筋肉痛の有無と効果との関係

トレーニングを行った後、筋肉痛にならないと効果がないと思っている人は少なくないと思います。何を隠そう、僕も以前はその一人でした(笑)

たしかに、筋肉痛があるとトレーニングをやったという達成感にも似た感じはありますが、筋肥大、筋力アップに筋肉痛は必ずしも必要ではありません。

その理由を考えていくには、筋肉痛の起こる原因について知っておく必要があります。

トレーニングやスポーツなどの運動を行った翌日あたりから現れて、数日続く筋肉の痛みを遅発性筋肉痛といいます。

遅発性筋肉痛では、運動等により筋肉の一部が軽く傷つき、その結果、炎症と腫れが起き、周囲の神経が刺激され、痛みという感覚が伝わってきます。

遅発性筋肉痛は、筋肉に強い収縮力を発生させる、または長時間筋肉が伸張性収縮することで起こりやすいとされています(『筋肉』参照のこと)。

とくに、伸張性収縮では、収縮した筋肉が重りに引っぱられながら、言い換えると、筋肉の収縮力を弱めながら(弱めさせられながら)伸びていくので、このときに筋肉が傷つきやすいのです(短縮性収縮に比べ、伸張性収縮のほうが重い重量を扱える上、発生させる力の中で「筋肉」の力を使う割合が大きいからともいえる)。

つまり、伸張性収縮を避けると、筋肉痛は最小限で済むはずのです。

 

ちなみに、筋肉痛の原理というのははっきりわかっていないそうです。

上に書いたように、筋肉が傷つくから痛むという話はよく聞きますし、痛みを発する物質が発生するから筋肉痛が起こるという話もあります。

このあたりのことが判明してくれば、筋肉痛に対する考え方もまた変わってくるかもしれませんね。

 

では、伸張性収縮を避けると、トレーニング効果は得られないのでしょうか?

自転車競技や水泳では、ペダルや水を押すだけで、ほとんど短縮性収縮しかせず、筋肉痛も起こりにくいです。

起こりにくいだけで、筋肉痛にはならないって話ではないですよ。

 

しかし、競輪選手の脚や水泳選手の上半身には大きな筋肉がついており、大きな力を発揮するのは一目瞭然でしょう。

これは、筋肉の肥大に筋肉痛が関係なく、トレーニングを行った後、筋肉痛にならなくても効果があることを示しています。

 

結局、筋肉痛は今のところ、「筋肉をしっかり使った」という目安の一つでしかないということです。

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す