人間が両脚で直立している状態というのは、身体を反らしている状態でもあるということを別サイトにて記事にしました。

この記事の内容をまとめると、立っていることは、反らすことでもあり、身体を反らすには身体の背面の筋肉群を使うので、立っているときも、主に背面の筋肉を使って身体を支えているという内容です。

この記事の内容について、「膝」を念頭において注目すべきことは、膝を伸ばす筋肉としても背面の筋肉が使われているという点です。

身体について少し知っている人ならわかると思いますが、膝を伸ばす筋肉は太腿の前の筋肉(大腿四頭筋)で、膝を曲げる筋肉(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、これらを合わせてハムストリングと呼ぶ)だとされています。

確かに、足裏に負荷がかかっておらず、自由に動く状態であれば(サッカーボールを蹴ろうとして足が宙に浮いている状態を想像してください)、大腿四頭筋は膝を伸ばすことに働き、ハムストリングは膝を曲げることに働きます。

ところが、足裏が地面についていて、体重がかかっている状態になっていると、実はハムストリングを膝を伸ばすことに使うことができるのです。

膝痛で悩む人あるあるだと思いますが、膝の痛みを訴えて病院に行ったりすると、膝周りの筋肉、特に大腿四頭筋を鍛えるよう指導されること多いようですね。

しかし、膝の痛みの要因のひとつが、大腿四頭筋を含めた太腿前側の筋肉に負荷がかかりすぎることにあるのです。

なので、膝の痛みにとって、大腿四頭筋を鍛えることが逆効果になることがあります。

それがよくわかる場面が階段を上る場面です。

ここから、段差を上がったときに、どこの筋肉に負荷を感じるかで、膝への負担がわかります。

私が見てきた膝が痛いという人は、ほぼ間違いなく段差を上がったときに、太腿の前側に負荷を感じます。そして、ひどい人になると痛みを感じます。

さらに、膝が痛い人ほど、階段を「踏んで」身体を押し上げようとします。

極端な見た目でいうと、下の写真のような感じでしょうか。

一方、身体の使い方のうまい人は、ハムストリングに負荷を感じます。

そんな身体の使い方として肝を理解する参考となる記事が2点あります。

人間は骨の積み木であり、きちんと積みあがっていると、足裏に体重が「乗っている」のを感じるのです。そして、ジャンプするように、両脚が地面から離れなければ、地面を「踏む」という意識も必要ないです。なぜなら、身体は地面に乗っているだけで体重分の重量で地面を押しているからです。

以上を念頭に、膝に負担を最小限にして階段を上るためには、

前側の足裏に体重が乗るように身体を前方に傾け、

「地面を踏む」のではなく、「膝を後方に押し出す」意識で膝を伸ばしてもらうと、膝がジャッキのようなイメージで伸び、脚の骨が身体を上方へ押し上げてくれます。

すると、太腿前に負担を感じず、ハムストリングを使って階段を上がった感覚を感じることができます。

実際にやってみてもらうとわかると思います。

なぜこんなことが起こるかというと、ハムストリングが、膝を曲げる筋肉というだけでなく、股関節の伸展という動作に関わっているからです。

股関節の伸展とは、太腿の骨を後方に動かす動作です。

つまり、太腿の骨を後方に動かそうとして、ついでに、結果的に膝が伸ばされるのです。

階段を上るときの膝を伸ばす動作の本命は、膝関節ではなく、股関節にあるんです。

話を巻き戻しますが、立っているときのハムストリングのメインの作用も、この股関節の伸展にあるのです。

ここまでの話をまとめるなら、膝が痛いなら膝周りの筋肉を鍛えるよりも、股関節を使えるように練習したほうがよっぽど近道です。

贅沢いうなら、簡単な物理と身体の知識は知っておきたいですね。

もし、詳しく知りたいなら

足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

を読んでもらうとより理解が深まるでしょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket