身体の使い方・姿勢について

力を抜くためには力を入れる~力を抜くコツ~

よくスポーツや武道の世界では「脱力」が話題になります。

脱力できているとしなやかでスムーズな動きになります。

しかし、不必要な部分に力が入っていると、ギクシャクしたいかにも運動音痴そうな動き方になります。

 

武道というちょっと特殊な話ではなくても、「力を抜いて」と言われても抜けなくて悩んでいる人もいると思います。

 

そこで、今回は力を抜くためのコツについてお伝えします。

 

力が抜けない人っていうのは、身体の使い方に大きな原因があります。

実は、力が抜けない人は力を入れることができていないのです。

 

矛盾する言葉になっていますが、もうちょっと付け加えると、「末端の力が抜けない人は中心の力を入れることができていない」のです。

 

どういうことかというと、動と静の関係性から、筋肉がつなぐ2つの骨は、相対的に動く側と静止する側にわかれます。「相対的」なので、静止する側も動く可能性があります。

 

たとえば、動く割合(動くのに使われる力の割合)が100%だった場合、静止側がきちんと安定して静止していれば、動く側の動く割合が100%となり、動く側はただ静止側に引き寄せられるようにスムーズに動きます。

これが、動く側の動く割合が50%で、静止する側の動く割合も50%だった場合、両者の関係はあいまいになり、筋肉が収縮した場合、どちらの側も同じように両者の中心に向かって引き寄せられてきます。これでは、動く側に十分に動かすことができません。

 

では、上記の場合に動く側を十分に動かすためにはどうすればいいでしょうか?

それは、静止する側をきちんと静止させるために、別のところから静止させる力を加える必要があります。これにより、動く側を十分な範囲で動かせるようになりますが、当初の動く割合50%分の力しか発揮されないことに変わりはないので、動く力は半減したままです。

以上から、静止すべき部分がきちんと静止できていれば、動く部分はスムーズに動くことがわかるでしょう。この静止すべき部分がきちんと静止できないときに加えられる別の力が余分な力であり、「力が抜けない人」の「力」なのです。

つまり、静止すべき部分が、適切な筋肉を使って静止できていれば余計な力が入らないのです。

そして、この静止すべき部分が身体の中心である体幹なのです。

体幹に力がメインで入るような身体の使い方ができていれば、末端はスムーズに動き、「脱力」しているといえます。

だから体幹トレーニングが重要ともてはやされたりしたわけですね。

 

力を抜くためには、「どこに力を入れるか?」を考え、ちゃんと力が入るようにしてやる必要があるのです。

参考:「身体の動きの原則

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す